八王子の矯正歯科ならゼフィール歯科へ
  • HOME
  • 他の治療法との比較

他の治療法との比較

他の治療法との比較

現在注目されるインプラント治療は、これまでの治療、入れ歯やブリッジに比べると、患者様にとっても大きなメリットがあります。

項目/治療法 インプラント 入れ歯 ブリッジ
審美性 優れる 良くない 良い
噛む力 優れる 弱い 良い
口内衛生 優れる(手入れ要) 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
耐久性 優れる(手入れ要) 合わなくなる事が多い 両隣の歯に負担
健康な歯を削る なし なし 両隣の歯を削る
違和感 なし 有り 少ない
顎骨がやせる なし やせる やせる事がある
手術 有り (抜歯程度) なし なし
診療形態 自由診療となります 保険診療見映えの良いものは、自由診療となります 保険診療見映えの良いものは、自由診療となります
治療期間 1-2ヵ月 (AQBの場合) 2週間-2ヵ月 2-3週間
インプラント

健康な歯を削る必要がなく、人工歯根がしっかりと固定されます。他の歯に依存せず、他の歯への負担がありません。咬合力が強く、外観も不自然さがありません。天然の歯と変わらない噛み心地があります。

治療期間:1-2ヵ月(AQBインプラントの場合)

インプラント

メリット
・自分の歯と同じように噛める。

デメリット
・費用が高い。治療期間が長い。

費用

1本:220,000円(税込)

部分入れ歯

取り外し可能なので、両隣の健康な歯を削らずに済みます。バネで両隣の歯に止めるため、不安定で噛む力は弱くなり、両隣の歯に負担がかかります。バネが目に付き、見た目は今一つの場合もあり、噛み心地も違和感があることがあります。

治療期間:2週間~1ヵ月

部分入れ歯

メリット
・治療方法に制限がなく自由に設計できる ・材料も良い物が使える

デメリット
・保険は効かないので費用がかかる

総入れ歯

歯茎全体で入れ歯を支えます。治療期間:1~2ヵ月

総入れ歯

メリット
・治療方法に制限がなく自由に設計できる ・材料も良い物が使える

デメリット
・安定が悪く、噛む力はかなり弱くなります。固いものが食べられず、食感が悪くなります。

 

ブリッジ

ブリッジを支える両隣の健康な歯を削る必要があり、噛み合せの時に両隣の歯に負担がかかります。部分入れ歯に比べると、安定しており、噛む力も回復し、天然の歯に近い噛み心地があります。

治療期間:2~3週間

ブリッジ

メリット
・材料や方法で自費診療と保険診療を選べる
・固定制のため自分で取り外す必要がない
・お口の中の状態が良いなら、必要最小限の治療で済む可能性がある


デメリット
・噛み合わせが悪いと治療の負担が増えてしまい、耐久性に問題が生 じる
・固定制のためメンテナンスが難しい
・壊れた時に修理ができないことが多い
・全体的な嚙み合わせの治療が必要な状態で、部分的のみ治療を行 い、ブリッジにした場合ではさらに症状が悪くなるリスクがある